トップ  > 医院概要

医院概要

医院概要

医院名 松前内科医院
住所 〒491-0871 
愛知県一宮市浅野字紅楳野50-1
アクセスはこちら
電話番号・FAX TEL 0586-81-7001
FAX 0586-81-7007
診療科 内科・糖尿病内科・小児科・
リハビリテーション科
従業員数 32名

医療理念

  • 医は仁なり

    私たちは患者様への思いやりにあふれた仁愛の気持ち(仁)を持って、誠心誠意医療と介護にあたります。

  • 医は礼を持って行う

    私たちはきちんとした身なりと礼儀正しい態度(礼)でもって、仁愛の心を形に表します。

  • 医は智・信・義を要す

    私たちは医療技能と自己の研鑽(智)に日々努め、仁愛あふれる高品質な医療と介護を真に患者本位の形(信)で提供することによって、地域社会に貢献(義)します。

私たちは患者様のために、
心をこめてすばやく動きます。

このたびは多くの方々のご支援、ご助力により、一宮市紅楳野に「新 松前内科医院」を開設できましたことを、心より厚く御礼申し上げます。
 私は一宮に生まれ、大学卒業後18年間、中部労災病院及び稲沢市民病院で内科医として臨床に携わり、特に糖尿病の分野では多くの臨床経験を積んでまいりました。
 当院は2000年11月にオープンして以来、地域のかかりつけ医としてつとめを果たすべく、地域の皆様に愛される医院を目指してまいりました。 治療内容も専門の糖尿病のみならず、内科全般、小児科、在宅医療、禁煙治療の各分野で診療レベルの向上に努めてまいりました。2006年には医療法人化して、訪問看護ステーション、居宅支援事業所を併設し在宅医療の要請に応えられる体制を目指しました。また、2007年3月には関連施設として、デイサービス、介護付有料老人ホーム(特定施設)を開設して、高品質な介護提供にも取り組んできました。2008年からは多様な介護保険サービスにも対応すべく小規模多機能ホーム、認知症通所介護、特別養護老人ホーム、ショートステイなどの施設を開設してそれぞれの利用者様に適したサービスを提供できる体制を作ってきました。
 今回、2017年5月にクリニックを最新の設備を整えた新松前内科医院に移転しました。スタッフ一人一人が技術を磨き、よりしっかりと、やさしい、安心できる医療を提供できるよう努めていきます。
 今後も医療、介護の分野でこの地域の皆様に愛と礼に基づく基本理念のもと、必要な資源をスタッフ全員が全力で提供していく所存です。
皆様のご利用を心からお待ち申し上げております。

院長・医学博士 松前裕己


略歴

・関西医科大学 医学部卒業(昭和58年卒)
・名古屋大学 医学部大学院 医学研究科修了
・労働福祉事業団 中部労災病院 
 糖尿病センター 代謝内分泌内科副部長
・稲沢市民病院内科医長

所属学会

・日本内科学会
・日本内分泌学会
・日本甲状腺学会
・日本肥満学会
・日本外来小児科学会
・日本禁煙学会
・日本抗加齢学会


ドクターのご紹介


内科医 鵜飼現

この度、ご縁あり、出身地である一宮市の松前内科医院の内科医として着任致しました。
以前は、大学病院や地域の基幹病院で、十余年にわたり急性期医療の診療に従事しておりました。
大学病院に在籍中は心疾患や血圧などの循環器疾患を主に、その後の市中病院に在籍中には循環器疾患以外にも広く一般的な内科疾患の診療を行ってまいりました。
昨今、我が国の加速的な高齢化に伴い、高次機能病院の限りある病床は時に満床となり、実際に緊急の患者様の受け入れが一時的にできなくなる現実を、これまでの現場で何度か経験しました。
高次機能病院にご自身やご家族の判断で受診される患者様の内、一定数の方々は街の『かかりつけ医』で対応が可能との報告もあります。
そうした現実を踏まえ、より患者様に近い『かかりつけ医』の立場で何かしら力になれないかとの思いが強くなり、近年では在宅医療の現場を学ぶ機会 を頂き、現在に至っております。
今までの経験をもとに、微力ではありますが、この地域の『かかりつけ医』の1人として、少しでも患者様のお力になれればと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。


略歴

・藤田保健衛生大学医学部卒業(平成16年)
・藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院 研修医
・藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院 循環器内科
・岐阜社会保険病院〔現 可児とうのう病院〕 循環器内科
・藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院 循環器内科
・松波総合病院 内科
・あおい在宅診療所

所属学会

・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心臓病学会