トップ  > 愛礼和通信 

愛礼和通信

ひなまつり

2019年03月03日

まつかぜ

こんにちは!

一宮市にある介護福祉施設 特別養護老人ホーム まつかぜ です!

 

今日はひな祭りですね…!

 

 

ひな祭りは、桃の節句ともいわれ、日本の五節句のひとつです。

元々は中国から伝わった上巳(じょうし)の節句という風習が由来と言われているそうです。

中国で上巳の日は特別な日とされていて、人形に息を吹きかけることで自分の穢れを移し、

水に流す風習があり、この風習が平安時代に日本に伝わり、

これがひな祭りとして徐々に定着していったといわれています。

 

そんなひな祭りは元は男女共通の行事だったとご存知ですか…?

江戸時代に雛遊び(ひいな遊び)という人形遊びが女性の生活に浸透していたことなどから、

幕府が3月3日を「ひな祭り」として、女の子の健やかな成長と健康を願う行事に決めたといわれています。

 

 

さて、そんな由来を持ったひな祭り(桃の節句)を、まつかぜでも行いました!

 

まつかぜフロア内にてひな人形を飾っております!

  

おやつにはひなあられを提供しました!

ひなあられは健やかな成長を願う食べもので、菱餅も同じ意味を持っているそうです。

皆様カラフルなあられにとても喜んで下さいました(#^^#)

 

本日3月3日、ひな人形やひなあられで皆様に春の訪れを感じて頂くことができました(^^♪